iPhoneのセキュリティ機能について

セキュリティはどう?

スマートフォンは、PCと同じくウィルス対策のツールが必要だとお考えでしょうか?実はiPhoneであったら、そのような対策アプリは、ほとんど必要ありません。

なぜiPhoneにはそのようなものが必要ないか、それは、アプリの配布においてもAppleによる厳しい審査がある事と、セキュリティホールは、それが分かる都度にiOSのアップデートにより塞がれてるためです。それに加え標準ブラウザにおいては、詐欺サイト検知機能があるため安心して使用できます。しかし、それだけではセキュリティ対策がいらないのは疑問に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

androidとiPhoneの大きな違いは、OSの自由度です。そして、その自由度の差がセキュリティの差でもあります。自由度が低い代わりに、リスクが少なくなりセキュリティ対策はあえて行わなくても良い状態になってします。しかし、公衆Wi-Fiを使う方に限ってはその限りではないため、それを使用した通信を良く行うのであれば、盗聴を防ぐために通信内容を暗号化するアプリを使用することをお勧めをします。

また、このようにOS自体の安全性は高いですが、悪意のあるメールなどはその限りではありません。iPhoneを楽しく使うためにも、不審なものは開かないことが大切です。